日本ラグビー協会は12日、6月に全英代表ライオンズ戦を控える日本代表の候補選手として、フランス1部リーグのクレルモンに所属するバックスの松島、ニュージーランドのハイランダーズでプレーするナンバー8姫野ら52人を発表した。35人に絞って5月下旬にメンバーを発表し、大分県で合宿を始める。

 2019年ワールドカップ(W杯)日本代表からはフランカーのリーチ(東芝)、プロップ稲垣(パナソニック)ら21人が選ばれた。佐賀県関係は、佐賀工高出身のSH荒井康植(キヤノン)が選ばれた。

このエントリーをはてなブックマークに追加