鳥栖-横浜FC 後半、相手ゴール前に迫る鳥栖FW豊田陽平。J1通算300試合出場を果たした

 鳥栖在籍12年目のFW豊田がこの日、J1リーグ公式戦通算300試合出場を達成した。この日が36歳の誕生日でもあった豊田は、試合終了間際にピッチに立つと、7000人を超えるサポーターから大きな拍手が送られた。

 3-0で迎えた後半40分に出場。DF大畑のクロスに走り込み、チャンスを演出してスタンドを沸かせた。豊田は「大畑からのボールをゴールにつなげたかった」と悔やみながらも、「誕生日に出場し、通算300試合も達成でき、チームにもサポーターの皆さんにも感謝したい」と特別な思いを口にした。

 2004年にJ1名古屋に入団。山形、京都を経て10年に鳥栖に加入した。16年までJ1で5年連続2桁得点を記録。18年には韓国Kリーグの蔚山(ウルサン)に半年間期限付き移籍した。

 今季は、リーグ戦とルヴァン杯の計3試合に出場。J1リーグ公式戦通算100ゴールまであと「2」に迫っており、「自分のすべきことを見極めながら過ごしていきたい」と悲願達成に向けて力強く語った。(井手一希)

このエントリーをはてなブックマークに追加