サガン鳥栖U-18-東福岡高 前半3分、先制ゴールを決め喜ぶサガン鳥栖U-18のDF岡英輝=佐賀市健康運動センターサッカー・ラグビー場

 ○…好機を逃さない勝負強さで記念の白星を手にした。高校生世代最高峰のプレミアリーグに初めて挑むサガン鳥栖U-18はCKからの2ゴールで主導権を握り、地元での初戦を飾った。チームのリーグ初得点を挙げたDF岡英輝は「最初のセットプレーで勢いづけたかった」と声を弾ませた。

 名古屋グランパスU-18相手に4失点した開幕戦(4日)の大敗を引きずることなく、果敢な攻撃で敵陣へ迫った。3点目のPKはトップチームでルヴァン杯にも出場経験のあるMF福井太智の鋭い突破でもぎ取った。

 田中智宗監督は「セットプレーだけでなく、流れの中からも点を取れるようゴール前のプレーの精度を上げなければ」と課題を挙げる一方、「中野伸哉のように、一人でも多くの選手をトップチームのピッチへ送り出したい」。難敵ぞろいのリーグで目指すのは、勝利と結果、そして未来のサガンを担う星たちの成長だ。(古川公弥)

このエントリーをはてなブックマークに追加