山岳競技スポーツクライミングの国体県予選を兼ねた県ユースクライミング選手権は10日、多久市の多久高であった。新型コロナウイルス感染症の影響でリードのみで競い、少年男子の通谷律(伊万里中)、同女子の山本真愛(多久高)がそれぞれ優勝した。(西浦福紗)

このエントリーをはてなブックマークに追加