ソフトボールの第50回日本男子リーグ第1節最終日は11日、広島県尾道市の御調ソフトボール場で12試合があり、ダイワアクト(佐賀市)は大阪桃次郎に1-2で敗れ、開幕4連敗となった。

 ダイワアクトは初回に2本の適時打で2点を先制されながらも、以降は先発古川恵士が粘り強い投球で無失点に抑え、味方の援護を待った。

 六回表、古賀優大の中越え三塁打などで無死一、三塁とし、3番野中耕太郎の中前適時打で1点差に詰め寄った。なおも無死二、三塁と攻め立てたが、後続が倒れた。

 第2節第1日は6月5日にあり、ダイワアクトは午前9時半から高知パシフィックウェーブ、正午からYKK(富山)と対戦する。(古川公弥)

このエントリーをはてなブックマークに追加