コラムニストの山本夏彦さんはタイトルのつけ方も名人だった。傑作の一つに「何用あって月世界へ」がある。これには続きもあった。「月はながめるものである」◆俗人の小欄には耳が痛い。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加