秋晴れの7日、唐津市体育の森公園の屋外相撲場で開かれた松浦地区青年相撲。回を重ねて67回。村相撲や奉納相撲が盛んだった地域の歴史を継承する若者たちの肉体と魂のぶつかり合いが桟敷席を熱くした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加