日本橋高島屋

 高島屋が12日発表した2021年2月期連結決算の純損益は339億円の赤字(前期は160億円の黒字)に転落した。通期赤字は36億円の純損失となった04年2月期以来、17年ぶり。新型コロナウイルス感染症流行による店舗の時短営業などで来店客が大幅に減少した。

 売上高に当たる営業収益は前期比25・9%減の6808億円で、本業のもうけを示す営業損益は134億円の赤字だった。昨春の緊急事態宣言を受けた臨時休業もあり、入国制限で訪日外国人客向けの売り上げが9割減ったことも痛手となった。外出自粛で主力の衣料品販売が不振だった。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加