韓国の外交官OBでつくる韓国外交協会(鄭泰翼(チョンテイク)会長)が10日、朝鮮・百済の武寧王(462-523年)の生誕地と言い伝えられる唐津市鎮西町の加唐島を訪ねた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加