【オーガスタ(米ジョージア州)共同】男子ゴルフの松山英樹(まつやまひでき)(29)が11日、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGCで行われたマスターズ・トーナメントで優勝し、日本男子初のメジャー制覇を果たした。

 4打リードで迎えた最終ラウンドを73で回り、通算10アンダーの278として第85回を数える「ゴルフの祭典」の歴史に10度目の出場で名を刻んだ。一昨年夏に渋野日向子(しぶのひなこ)がAIG全英女子オープンを制し、日本女子2人目のメジャータイトルを獲得。戦前から挑戦してきた男子でも、日本ゴルフ界の悲願が達成された。

 松山は19歳のアマチュアだった2011年のマスターズ・トーナメントから33度目のメジャー挑戦。これまでは17年の全米オープン選手権の2位が最高で、マスターズでは15年に5位、16年に7位に入っていた。

 男子アジア勢では09年全米プロ選手権のY・E・ヤン(韓国)が唯一のメジャー優勝だった。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加