■1936年から44年まで、9冊に動静、やりとり 昭和天皇実録に使われた資料「百武三郎日記」と「百武三郎関係資料」は、研究者の間でも存在が知られていなかった「初出」の資料と注目されている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加