佐賀県生産組合連合協議会による街宣活動が8日、武雄市のAコープ川良店であった。環太平洋連携協定(TPP)が日本の食と農にもたらす影響や、コメなど農業の重要5品目は関税を維持する必要性を呼び掛けた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加