サントリー―NTTコミュニケーションズ 前半、抜け出してトライを決めるサントリー・江見(中央)=駒沢

 ラグビーのトップリーグ(TL)最終節最終日は11日、東京・駒沢陸上競技場などで4試合が行われ、レッド・カンファレンスは首位サントリーがNTTコミュニケーションズに94―31で大勝してリーグ戦を7戦全勝で終え、1位でプレーオフトーナメントに進んだ。トヨタ自動車はクボタに25―24で競り勝って6勝目(1敗)を挙げて2位。クボタは5勝2敗の3位となった。

 東芝はサニックスに49―14で快勝して3勝4敗。ホワイト・カンファレンスのキヤノンはNECに71―24で大勝した。

 プレーオフトーナメントは、20チームで17日から行われる。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加