10日、フィリップ殿下の死去を受け、ロンドンで弔砲を放つ英国軍(ゲッティ=共同)

 10日、ロンドンで新聞販売所に並んだフィリップ殿下の死去を伝える新聞(AP=共同)

 【ロンドン共同】エリザベス英女王(94)の夫フィリップ殿下が9日に99歳で死去したのを受け、英国軍は10日、殿下に敬意を表して各地で弔砲を放った。国内は新型コロナウイルス対策の外出規制下にあり、王室は弔問の自粛を求め、公式サイトに追悼用の記帳欄を用意。市民らはテレビなどを通じて自宅などから哀悼した。

 10日付の英主要紙は「深い悲しみ」「いとしい人よ、さようなら」などと1面で死去を伝えた。

 王室は声明で、政府の指導に基づき宮殿などへの弔問を控え、献花の代わりに慈善事業に寄付するよう奨励した。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加