川岸順子運営委員(中)に目録を手渡す県労働者福祉協議会の井手雅彦理事長(左から3人目)ら=神埼市千代田町の「みんなのおうち ほわ~っと」

みんなのおうち「ほわ~っと」の川岸順子運営委員に目録を手渡す県労働者福祉協議会の井手雅彦理事長(左)=神埼市千代田町の同施設

 佐賀県労働者福祉協議会は9日、障害者や引きこもりの若者らが気軽に利用できる居場所「みんなのおうち ほわ~っと」(神埼市千代田町)に寄付金10万円を贈った。運営委員の川岸順子さん(73)は「利用者の役に立つ使い方を考えたい」と感謝の言葉を述べた。

 同協議会は1996年から、チャリティーゴルフ大会で集めた寄付金を福祉施設に贈っている。今回は、昨年12月に江北町で開いた大会で集めた。目録を手渡した井手雅彦理事長(55)は「地域住民のために有意義に使っていただければ」と話した。

 「ほわ~っと」は地元のボランティアでつくる運営委員会が、障害の有無に関わらず集まれる居場所をつくろうと2018年に開設した。新型コロナウイルス感染予防のためカフェの運営は中止しており、毎週火~金曜日に弁当を販売している。弁当は午前10時まで予約を受け付けており、問い合わせは電話、0952(37)1615。(森田夏穂)

このエントリーをはてなブックマークに追加