子どもたちの宿題を民間の学習塾講師や家庭教師らが見守る「子ども学校塾」が8日までに、嬉野市の全8小学校で始まった。市が毎日放課後、市内の塾講師ら18人を「支援員」として各校に派遣。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加