日本サッカー協会は9日、U-17日本代表候補トレーニングキャンプのメンバーに、サガン鳥栖U-18に所属するDF竹内諒太郎(16)とMF福井太智(16)を選出した。

 U-17はともに初選出で、12日から4日間、千葉県で行われる合宿に参加する。

 竹内はクラブを通じ「今自分のできることを100%出し切り、さらに成長していきたい」と語り、福井は「このような状況の中、サッカーができる環境があることに感謝し全力でプレーしたい」と話した。(井手一希)

このエントリーをはてなブックマークに追加