元支店長の不正融資が発覚した唐津信用金庫山本支店=唐津市山本

 唐津信用金庫は9日、山本支店の元支店長の男性職員(49)が累計2億4770万円を流用していたと発表した。

 元支店長は1998年11月から2021年1月までに、取引先の名義で融資申し込み書を偽造し、融資金を流用していた。「投資や競艇、ギャンブルに使用した」と話している。

このエントリーをはてなブックマークに追加