豚流行性下痢(PED)が相次いで発生している問題で、九州地方知事会(会長・広瀬勝貞大分県知事)は14日、まん延を防ぐための対策やワクチンの安定供給などを国に要請した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加