神埼市郡の吉野ケ里歴史公園の水田で、古代米の穂が赤く色づき、見ごろを迎えている。 約30アールの水田には、地元の中学生などが植えた「ベニロマン」と「つくし赤もち」の2種類の赤米が育っている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加