佐賀県内で5月9、10の両日に実施される東京五輪聖火リレーまであと1カ月。新型コロナウイルス対策で、沿道の密集を回避する手だてを講じるなど関係者が腐心している。聖火の到着を祝うイベントは規模を縮小、沿道が混雑していればその区間を除いて走ることも想定するなど、感染予防を優先した備えを進めている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加