8年ぶりの選挙戦となった鹿島市長選は、現職と新人の一騎打ちの構図でスタートした。朝から雨に見舞われた中、両陣営は出陣式に臨み、市の活性化や商業施設「ピオ」への公的施設移転事業の是非などを訴えて回った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加