武雄商工会議所が発行した70周年記念誌

 武雄商工会議所(溝上邦治会頭)が創立70周年を迎え、70年間の歴史を振り返る記念誌を発行した。明治時代からの武雄駅周辺や武雄温泉新館と楼門、本町通りなど懐かしい写真も掲載している。

 同会議所は昨年4月から周年記念行事を計画していたが、新型コロナウイルスの感染拡大や緊急事態宣言の発令を受けて全て中止し、記念誌だけを発行した。A4サイズ30ページ。1950年の発足当時、同市内の桜山登り口にあった建物など歴代会議所の写真も見ることができる。

 記念誌は900部制作し、加盟する803事業所や自治体など関係機関に配布した。溝上会頭は「節目の年をみんなで祝いたかったが、記念誌だけでも発行できてよかった。新幹線開業を控え、10年後、20年後の地域経済の発展のために積極的な取り組みを推進したい」と話した。(澤登滋)

このエントリーをはてなブックマークに追加