歯ブラシ2千人分の目録を中村祐二郎教育長(左)に手渡す佐賀市歯科医師会の東島伸氏会長=佐賀市役所大財別館

 佐賀市歯科医師会(東島伸氏会長)は8日、市内の小学校に入学する新1年生約2千人に歯ブラシを贈った。全?校に市教育委員会を通じて届ける。

 市役所大財別館であった贈呈式で、東島会長は「新型コロナウイルスだけでなく感染症予防のためにも口の健康は大切。長い人生をよりよく過ごすため、習慣付けを」と述べた。目録を受け取った中村祐二郎教育長は「子どもたちのために大切に使わせていただきます」と感謝した。

 歯ブラシの贈呈は「歯と口の健康づくり」への理解と認識を高め、健全な生活習慣の確立を図ろうと2019年から実施し、今回で3回目。歯ブラシには「たいせつな歯をみがいてむしばゼロ!」とメッセージが入っている。(川﨑久美子)

このエントリーをはてなブックマークに追加