公立学校の部活動について佐賀県教育委員会は本年度から、休日の部活動を地域の運動施設などに委託するモデル校を、多久市と三養基郡基山町の中学校に設ける。部活動が教員の多忙化の主な要因とされる中、試験的に運用を始め、課題などを検証する。

 県教委は、モデル校の設置や部活動のあり方を検討する事業を「部活動改革プロジェクト」と銘打ち、部活動の改善に取り組む。本年度当初予算で事業費354万3千円を計上した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加