副島浩一郎理事長(左)から教材本を受け取る天野昌明会長=佐賀県庁

 子どもたちに農業への理解を深めてもらおうと、JAバンク佐賀は7日、小学5年生を対象とした教材本8670冊を佐賀県内の小学校に贈った。

 教材本のタイトルは「農業とわたしたちのくらし」で、A4判28ページ。全国の農作物の一覧や、コメや野菜、果物ができるまでの過程、農業の新しい取り組みなどを写真やグラフを交えて分かりやすく紹介している。

 県庁であった贈呈式では、JA佐賀信連の副島浩一郎理事長が教材本を県市町教育長会連合会の天野昌明会長に手渡した。天野会長は「長きにわたって贈呈していただき、ありがたい」と述べた。

 教材本の贈呈はJAバンクが2008年度から続けていて、今回で14回目。20日以降、各小学校に届けられる。副島理事長は「食は命の源。子どもたちには食を大切にする心を育んでほしい」と話した。(円田浩二)

このエントリーをはてなブックマークに追加