東松浦郡玄海町の公営学習塾が7日、開校した。玄海みらい学園の4年生から9年生(中学3年生)などが対象で、子どもたちの学力向上や受験対策などに一役買う。複数の教科を教える公営塾が開校するのは、県内の自治体では初めて。

 きっかけになったのは、全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)。直近の2019年やそれ以前の町の結果は、全国や県の平均を下回っており、学校以外の学習の場を設けようと開校を決めた。町は21年度から3年間の委託料1億2980万円を20年度一般会計補正予算に計上している。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加