鳥越 文蔵氏(とりごえ・ぶんぞう=近世演劇研究者、早稲田大名誉教授)5日死去、89歳。長崎県出身。近親者で密葬を営む。喪主は長女明日香(あすか)さん。

 人形浄瑠璃や歌舞伎の研究で知られ、早大演劇博物館館長、歌舞伎学会会長、山口県立劇場「ルネッサながと」館長などを歴任。「元禄歌舞伎攷(こう)」で92年に芸術選奨文部大臣賞、97年に紫綬褒章。

 17世紀に日本から持ち出され、大英図書館に残っていた古浄瑠璃本「越後国柏崎 弘知法印御伝記(こうちほういんごでんき)」を発見、故ドナルド・キーンさんの勧めで日英両国での復活上演にこぎ着けた。近松門左衛門作「出世景清」全段復活上演にも尽力した。唐津人形浄瑠璃保存会名誉顧問も務めていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加