川崎―鳥栖 後半、先制ゴールを決める川崎・遠野(右端)=等々力

川崎-鳥栖 後半、FKに飛び込む鳥栖DFエドゥアルド(中央)=川崎市の等々力陸上競技場(撮影・山口源貴)

川崎-鳥栖 後半12分、ファウルで一発退場の宣告を受ける鳥栖DF田代雅也(中央)。2試合連続でCBが退場し、鳥栖は劣勢になった=川崎市の等々力陸上競技場

 サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第8節第2日の7日、神奈川県の等々力陸上競技場で首位川崎フロンターレと対戦し、0―1で敗れた。今季初の連敗となり、通算成績は4勝2分け2敗(勝ち点14)。順位を7位に落とした。川崎はJ1通算300勝を飾った。

 2位の名古屋は湘南と0―0で引き分け、勝ち点差は5に広がった。神戸は大分を1―0で下して3位に浮上し、広島は浅野の2ゴールなどで横浜FCに3―0で快勝した。FC東京は札幌に2―1、浦和は清水に2―0で勝った。徳島は仙台を1―0で振り切って3連勝。仙台は6連敗。鹿島は柏に競り勝ち、G大阪―福岡は引き分けた。

 第9節は10、11日にあり、鳥栖は11日午後3時から、鳥栖市の駅前不動産スタジアムで横浜FCと対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加