「ユウガオが咲いたらお家に帰ろう」と、新入学児童にユウガオの種を贈って早い帰宅を呼び掛けてきた「夕顔運動」が、25年の歴史に幕を閉じた。今年は県内186校・8150人以上の新1年生に、最後の種を贈呈。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加