佐賀県内の感染状況(2021年4月7日現在)

 佐賀県は7日、10歳未満から40代までの男女7人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。バスケットボール男子・Bリーグ2部の佐賀バルーナーズで発生したクラスター(感染者集団)を巡っては、佐賀市の会場で試合を観戦した男女4人が感染していたことも判明し、関連の感染確認は計25人になった。

 県によると、試合は3月24日にSAGAサンライズパーク総合体育館であった。感染が分かった観客4人を含む53人が1階中央の「1Eブロック」の座席で観戦していた。バルーナーズの選手らとの距離は比較的近く、試合を通じて感染したとみている。

 4人のうち2人の感染が先に分かり、行動歴を確認する中で試合観戦の共通点が浮上した。チームの呼び掛けでブロック内の17人が検査を受け、さらに2人の感染が5日に分かった。他の34人とは連絡が取れていない。感染者の内訳は、チームの選手とスタッフが15人、観客や関係者が10人となった。(円田浩二)

 7日に発表した感染者の内訳は次の通り。

 【佐賀市】10歳未満男児、20代男性、40代男性2人、40代女性【唐津市】20代女性【神埼市】70代男性

このエントリーをはてなブックマークに追加