20日に投開票される鹿島市長選は、現職と新人による一騎打ちとなり、産業活性化や商業施設「ピオ」への公的施設移転事業などを争点に、論戦が展開されている。両候補の人柄や政治にかける思いを紹介する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加