住宅ローンの金利低下が加速している。住宅ローンの金利決定の目安となる長期金利が0・5%前後まで低迷しているのに伴い、各金融機関の住宅ローン金利は過去最低レベルに。