佐賀地方・家庭裁判所長に就任した鈴木浩美(ひろよし)氏(61)が16日会見し、裁判員裁判の改善や民事調停制度の認知度向上など「身近で利用しやすく、分かりやすい裁判所にしたい」と抱負を語った。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加