佐賀県の古川康知事は16日の定例会見で、原発を「重要なベースロード電源」と位置づけた政府のエネルギー基本計画について、再生可能エネルギーの普及加速を明記したことを挙げ、「現実的で意欲的」と評価した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加