柳本幸之介選手の五輪代表入りを祝う看板を掲げた伊万里カトリック幼稚園の職員=伊万里市二里町

 東京五輪代表に決まった競泳の柳本幸之介選手(17)が通っていた伊万里市二里町のカトリック幼稚園に6日、快挙を祝う看板が掲げられた。先生たちの手作りで、「卒園児から初めてオリンピック選手が出た」と喜んでいる。

 看板は横3メートル、縦0・7メートル。柳本選手の名前を大書した横に、園児の頃に好きだったという絵本のキャラクターが「こうたん(園児時代の愛称)頑張れ~」とエールを送っている。前日に競泳800メートルリレーでの五輪代表が決まったばかりだが、先生たちは手際良く3時間余りでカラフルな看板を作った。

 柳本選手の園児の頃を知る松尾佐起子さんは「活発な子で笑うと目尻が下がるのが印象的だった。オリンピックでも笑顔を見せてほしい」と期待を寄せた。(青木宏文)

このエントリーをはてなブックマークに追加