最後の唐津藩主小笠原長国の相続者で、明治維新後も「殿様」「ちょうせいこう」と慕われた小笠原長生(ながなり)(1867~1958年)の功績と唐津に寄せた思いをたどる対談会が、20日午後2時から唐津市本…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加