日本学生野球協会は6日、東京都内で審査室会議を開いて高校3件の処分を決め、鳥栖商(佐賀)の部長を部員への暴言と報告遅れで9月9日まで6カ月の謹慎、監督を部員への暴言で4月7日まで1カ月の謹慎とした。

 熊野(広島)の監督は部外での体罰、北星学園大付(北海道)の監督は不適切指導により、それぞれ3カ月の謹慎となった。

このエントリーをはてなブックマークに追加