若手の備前焼作家グループ「陶心会」(藤原康会長、45人)による作陶展が10日、佐賀市の佐賀玉屋本館で始まった。古代の須恵器(すえき)の流れをくむ焼締の魅力を伝えている。15日まで。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加