新しく赴任した教諭に歓迎の言葉を贈る児童。新型コロナウイルス対策で始業式は青空の下で行われた=鹿島市の鹿島小

 佐賀県内の公立小中学校で6日、新年度のスタートとなる始業式が開かれた。一つ学年が上がった児童生徒が元気に登校して友人との再会を喜んだ。前年度に引き続いて学校現場では新型コロナウイルスの感染対策を徹底し、鹿島市の鹿島小では「三密」を避けるために屋外で式を行った。

 春らしい青空の下、鹿島小の児童たちはマスクを着けて運動場に整列した。井上俊明校長は「昨年はコロナで大変だった。今年もすぐに影響はなくならないが、安心して楽しい学校生活を過ごせるよう先生たちも一生懸命考えていく」と語り掛けた。

 式では新たに赴任した教諭が紹介され、児童を代表して6年の納富しおりさんは「わくわくする気持ちでいっぱいです。楽しい行事もたくさんあります」と歓迎の言葉を贈った。各学級の担任教諭らの発表では、児童たちの明るくにぎやかな声も上がっていた。(中島幸毅)

このエントリーをはてなブックマークに追加