「淡い黄緑に木の枝」(2021年、キャンバス、油彩)

 佐賀大学文化教育学部美術・工芸課程出身の画家井上絢子さん(36)の作品展が福岡市中央区大手門のギャラリーエウレカで開かれている。25日まで。

 井上さんは主に植物をモチーフにして制作。素材を見たままではなく、「その奥にある見えない小さなものを見逃さずに捉えた」という作品はまるで風景画のようにも見える。

 木漏れ日のような光を感じさせる油彩画約20点が並ぶ。月曜、火曜休廊。問い合わせはエウレカ、電話092(406)4555。(福本真理) 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加