佐賀市は12日、国際的に重要な湿地帯として保全する「ラムサール条約」登録を目指す東与賀町の干潟について、保全や利活用を検討する横断的な庁内組織を年内に設置する方針を示した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加