「臨魏霊蔵造像記」角田菜緒(佐賀北1) 鋭い点画や強い右上がりで造像記の力強さや、洗練され整った字形を表現しました。これからも向上心を持って作品制作に励みます。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加