映画「あめとひなた」の一場面(提供)

映画「あめとひなた」の一場面(提供)

短編映画「あめとひなた」特設ページの2次元コード

 唐津が舞台の新作短編映画「あめとひなた」(江口寛武=ひろむ=さん監督、脚本)の完成披露上映会と記念ライブが11日13時から、佐賀市白山のエスプラッツホールで開かれる。映画はダンス部の女子中学生が勇気を持って一歩を踏み出す、青春ダンスエンターテインメントに仕上がっている。

 イベントの第1部は完成した同作(26分)を上映し、主演の中山ひなのさん(玄海町)ら出演者が舞台あいさつに立つ。唐津市のアーティスト・Natyuさんが映画の主題歌「アイオライト」を、福岡県のZINGIさんがエンディング曲の「ココロ feat.愛花」をそれぞれ披露する。

 第2部は同作でメインキャストのうち2人を務める、愛純百葉(あすみ・ももは)さん(小城市)と七海(ななみ)りのんさん(杵島郡)によるユニット「佐賀乙女みゅー☆スター」と、同じく映画に出演した福岡県のアイドルグループ「マーブル・エンジェル」がにぎやかなライブで観客を盛り上げる。

 江口さんは「佐賀や福岡でエンタメ活動を頑張っている子たちに活動の場をつくろうと企画した。小中学生や、その親にも見てほしいエンタメ青春映画」とPRする。今後は5月5日に福岡市のふくふくプラザで上映会を開くほか、映画祭などにも出品する予定。

 料金は1部が1000円で2部が3000円、通し券は3500円。問い合わせは江口さん、電話080(3999)7355。(花木芙美)

このエントリーをはてなブックマークに追加