「まん延防止等重点措置」について考えを述べた山口祥義知事=県庁

 佐賀県の山口祥義知事は「まん延防止等重点措置」を巡り「地域の状況が分かっているのは知事。措置の適用を国に要請するというスキームには違和感がある」と述べ、都道府県で適用の判断ができるようにする制度変更を求めた。

 山口知事は、国との調整に時間を要して迅速な対策が打ち出せない恐れや、責任の所在が曖昧になることを問題視し「知事が適用を決定、解除し、責任を負う。それを国が支援する制度に改めてはどうか」と提案した。

 地域の感染状況を踏まえた情報発信の在り方にも触れ「感染拡大が続く東京、大阪発の報道に地域が振り回されている。国が情報発信を行う際には、それぞれの都道府県が出す情報を見て行動するように国民に呼び掛けてほしい」と述べた。

【関連記事】

変異株、情報提供速やかに まん延防止で知事会提言

このエントリーをはてなブックマークに追加