演劇の体験を通じ児童の発想力を育成する演技指導会が10日、唐津市の外町小(一色健治校長)であった。6年生22人が、プロの劇団員から演技や劇に使うお面作りの指導を受けた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加