多久はわずか10人でシード校の唐津商や太良などを破り、1回戦から決勝まで上り詰めた。初優勝とはならなかったが、野口晃監督は「決勝まで来られたことはすごく大きい」と前向きに話した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加