1点リードで迎えた九回表、2死一、二塁。東明館は一打同点のピンチ。主戦今村珀孔の後を継いだ加藤晴空の投じたこん身の一球が右前に鋭く運ばれた。同点を覚悟した一打。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加