天皇杯全日本サッカー選手権の県予選を兼ねた第26回佐賀県サッカー選手権大会(県サッカー協会主催、佐賀新聞社・共同通信社共催)は4日、佐賀市のSAGAサンライズパーク球技場で開幕した。第1日は1回戦2試合が行われ、前年優勝のEVインテル.TOSU(県1部リーグ、前EVインテルナシオナル)と佐賀大(大学代表)が準決勝へ進んだ。

 EVインテル.TOSUは、元JリーガーのFW柴田隆太朗らのゴールで得点を重ね、6-0でALL佐賀大(県1部リーグ)に快勝。佐賀大はFW太田歩の2得点などでFBI&Co.(県1部リーグ)に5-3で逆転勝ちした。

 第2日は18日、同球技場で準決勝があり、午前11時から佐賀LIXILFC(九州リーグ)とEVインテル.TOSU、午後2時から佐賀大と川副ク(九州リーグ)がそれぞれ対戦する。(古川公弥)

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加