政府は18日、危険運転致死傷罪に新たな類型を加えた自動車運転死傷行為処罰法の適用対象となる病気を「一定の症状を示すてんかんや統合失調症など」と定めた政令を閣議決定した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加